評価: 0+x

説明文

ヴァレンから連絡を受けて避難所に来た。
次の目的地はコロヴィア山脈にあるサンクレ・トール内部、ステンダールの魔法で守られた小部屋だそうだ。今回はヴァレンも加えて5人で行動する。

サンクレ・トール内部の通路を進み、広い部屋に出るとマニマルコの巨大な幻影が現れた。彼は魔法でサイを尾行しこの場所に案内させたこと、隠し場所に施されたステンダールの封印など自分には何の障害にもならないことを自慢気に語った。
君たちは彼よりも先にアミュレットを手にしなければならない。急いで遺跡の奥へと進む。
奥の小部屋でまたもやマニマルコの幻影が姿を現し、王者のアミュレットにあしらわれた強大なソウルジェムにモラグ・バルの力を吸収させ、それを我が物にするという彼の真の目的を語った。
行く手を阻むマニマルコの配下を倒し、先を急ぐ。中庭に入るとサイが困憊した様子で立ち止まった。マニマルコの魔法で拷問の館で受けた責め苦が再び彼を襲っているようだ。時間はないが息を整えるぐらいの小休止は取れるだろう。辛そうだが大丈夫かと気遣う君に、サイは何のこれしき、ドラゴンガードの祠まではもう少しだ、先を急ごうと力強く答えた。

ドラゴンガードの祠に入ると、マニマルコがそこに眠るかつてのドラゴンガードたちを呼び醒まし、君たちの行く手を阻む。何とか神々の祠にたどり着き、清めの儀式を行う。次はレマンの宝物庫だ。古い仕掛けを操作して橋をかけ、2つ目の祠を清めて中庭に戻った。これで地下墓地に入れるはずだ。
地下墓地に入る直前、またマニマルコが現れて、タムリエル中がモラグ・バルの力を奪い取った彼にひれ伏すビジョンを君たちに見せつけ、不死者の群れを差し向けて去った。こんなことに時間を取られているわけにはいかない、さっさと倒して地下墓地に到達し、扉に指輪をかざして封印を解く。

地下墓地の中央で、待ち構えていたマニマルコ本人が君たちに襲いかかる。彼が呼び出す不死者の援軍を次々に倒してマニマルコにとどめを刺すと、彼は亡霊の姿となって蘇り、強力な魔法を唱え始めた。その時、突如モラグ・バルの幻影が現れ、謀反を企んだ下僕を鷲掴みにしてコールドハーバーへ消えていった。

色々あったが、やっとのことで王者のアミュレットを手にした君たちは避難所へ戻った。
ヴァレンはアミュレットを取り戻したことを喜びつつ、敵とは言えこの先マニマルコを待ち受ける運命を思って眉を曇らせた。奪われたままのお前の魂のことは忘れてはいない安心しろ、だが今はしばしの休息が必要だ、また連絡するよ。ヴァレンはそう言って君を送り出した。

頭文字 sa

前のページ MQ08:剣の渓谷

次のページ: MQ10:選ばれし5人の会議

コメントで説明を追加

新しいコメントを追加
または Wikidotのユーザーとしてサインイン
(表示されません)
- +